自賠責手続きに関する知識

交通事故後遺障害認定実務エキスパート養成講座本科クラス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前期課程(初心者から初級者向け)

総論的な問題を押さえ、目に見えづらい後遺障害を取り上げ、その概論を学びます。相談の知識を身に付けることを目標にします。

カリキュラム例

1 事故発生から解決までの流れ/一括と非一括/損害概説/症状固定/後遺障害とは

2 後遺障害認定/目に見えづらい後遺障害と目に見えやすい後遺障害/労災と自賠責

3 局部の神経症状と局部の頑固な神経症状①/被害者請求①/医療照会の留意点①

4 局部の神経症状と局部の頑固な神経症状②/被害者請求②/医療照会の留意点②

5 局部の神経症状と局部の頑固な神経症状③/被害者請求③/医療照会の留意点③

6 RSD・CRPS概論/医療調査の留意点①/異議申立

7 高次脳機能障害概論/医療調査の留意点②/自賠責保険・共済紛争処理機構

8 非器質性の精神障害概論/医療調査の留意点③/まとめ

後期課程(初級者から中級者向け)

事例研究を交えながら、前期課程で学んだ知識の運用を体験していただきたいと思います。医療調査の手順や異議申立書の作成の知識を身に付けることを目標にします。

カリキュラム例

1  事故発生直後の相談対応/鞭打ち症・脳挫傷等/接骨院・整骨院

2  治療中の相談対応/鞭打ち症・脳挫傷等/後遺障害診断書(むち打ち、受傷部位の疼痛)

3  症状固定の時期の相談対応/鞭打ち症・脳挫傷等/神経学的所見の推移

4  初回申請の相談対応/鞭打ち症・脳挫傷等/簡易でない自賠請求、耳鳴、めまい

5  初回結果、異議申立の相談対応/鞭打ち症・脳挫傷等/関節可動域制限

6  医療調査の留意点/加重事案

7  異議申立書の作成の実務

8  後遺障害認定をめぐる諸問題/まとめ

日程:相談の上、決定(マンツーマン)

場所:Zoomによるオンラインセミナーです。

※ 録音・録画は固くお断りいたします。

受講期間:約4ヵ月(週1コマの場合)、約2か月(週2コマの場合)、約1か月(週4コマの場合)

※相談により集中講義等も可能です。

授業時間:1コマ80分

回数:前期8回、後期8回、合計16回

受講資格: 弁護士・行政書士で当会が認めた者、その他当会が認めた者。

※事業者に限らせていただきます。一般消費者の受講は固くお断りいたします。

受講料:

①2022年9月以降申込 352,000円(税込)

※登録3年未満の方については246,400円(税込)

②2023年1月以降申込 704,995円(税込)

※登録3年未満の方については586,663円(税込)

※事前支払制

≪無料動画配信≫弁護士・行政書士のための交通事故後遺障害認定実務セミナー~被害者の等級認定を阻む3つの壁について~

本講座のプレセミナー(無料)です。

※ 動画の「説明」も併せてご確認いただければ幸いです。お詫びと訂正がございます。

主催 タイムブレーン会 代表者 大坪 力基
お問い合わせ先 090-6652-6095、otsubo@yomeikai.jp(大坪)

注1)本講座は、講師の経験と実績に基づく見解を含むものであり、講師が受講者に対して本講座に関して提供する情報に関し、主催者及び講師がその正確性又は網羅性に関して何ら責任を負うものではありません。また、認定結果等を保証するものでもございません。受講者は、学習内容を、国家資格者としての判断でご利用ください。

注2)本講座は、主催者側の事情により、事前通告なしに、新規募集を停止する場合がございます。ご受講をご希望の方は、できる限り2022年中にお申し込みください。

2022年9月2日改訂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加