対日投資・経営管理支援

日本で企業を買収し、経営管理を行いたい外国人の方のために、外為法に関する手続、買収からビザ(在留資格)、その後の経営管理支援まで、一貫してサポートをさせていただきます。帰化・永住申請まで対応可能です。

M&A・投資における外為法は、規制内容が非常に複雑で、手続も難解さを極めます。経営管理の在留資格の取得や更新、帰化・永住申請においても、日本の法令遵守義務を果たしているかどうかは、非常に重要な要素です。しかしながら、特に、中小企業においては、税金・社会保険等の手続と比較すると、外為法に関する手続は見落とし(違法状態)が多いのも実情ではないでしょうか。当事務所では、依頼に基づき、外為法に関する手続を対応させていただきます。

また、当事務所代表は大坪力基は、中国人、台湾人、華僑、華人の方の方とご縁があります。大学生時代には、日中学院別科に2年間通学しました。また、台湾の大学院に留学した経験を有し、中国政府認定資格の中国語検定(新HSK)5級を取得しております。

対日投資・経営管理支援に関するご相談はこちらまでお問い合わせください。

業務内容

  • 対日投資(企業買収)支援
  • 経営管理ビザ(在留資格認定証明書交付申請等)
  • 経営管理支援
  • 外為法に関する手続

お問い合わせ

関連する実績および略歴

  • ベンチャーキャピタルの法務部を経験
  • M&Aアドバイザリー会社を経営
  • 申請取次行政書士(入管法施行規則の規定に基づき届出を行った行政書士)
  • 法人の経営管理を経験