交通事故 被害者請求

・交通事故の被害者となり、後遺症が残存した場合、その後遺症が適正な後遺障害等級として評価を受けることはとても重要です。しかし、現実にはいくつかの高いハードルがあります。当事務所の行政書士大坪力基は、的を射た書類を出すため、被害者と共に考えます。

・加害者が任意保険に加入していなかった場合、自賠責が頼りになります。

・弁護士特約の有無にかかわらず、ご相談ください。

交通事故被害者請求(後遺障害認定)に関するご相談はこちらまでお問い合わせください。

※ なお、法律相談は承ることができませんので、あらかじめご了承ください。

関連する実績及び略歴

  • 東京都行政書士会他、多くの行政書士会、支部において自賠責に関する講師を歴任。
  • 某行政書士法人において、数千件の後遺障害事案に関わった経験。
  • 法律事務所からの依頼を誠実に処理してきた実績。

お問い合わせ

行政書士紹介